カミソリは毛孔性角化症の肌に合わない

MENU

カミソリは毛孔性角化症の肌に

カミソリは毛孔性角化症の肌に合わないので、控えた方がいいでしょう。

 

 

肌を痛め、ダメージが残るので治療の妨げの原因にも。

 

 

毛穴の周囲の角質層が肥厚化し

 

角栓とよばれる古い角質が肌を塞いでしまう事によって起こる

 

毛孔性角化症(顔・首・二の腕・背中・おしりなど)は、日常的に行う行為によって症状を悪化させてしまう事があります。

 

例えば患部を強くこすったり、カミソリを使用するとその刺激によって跡が残ってしまったり、

 

色素沈着を起こしてしまいます。

 

 

また、肌の乾燥も肌の角化を進行させるため毛孔性角化症(顔・首・二の腕・背中・おしりなど)の症状を悪化させることがあります。

 

そんな毛孔性角化症(顔・首・二の腕・背中・おしりなど)の治療には
尿素を配合したクリームをによる日頃のお手入れが欠かせません。
※個人差があるので効果を感じない場合もあります

 

尿素を配合したクリームには皮膚の乾燥を防ぐだけではなく、

 

肥厚した角質を落としてくれる効果もあるため、こうしたクリームを日常的に使用する事で症状を緩和させる事が可能に。